意外と知らないことが多い脱毛専門用語

  •  
  •  
  •  

意外と知らないことが多い脱毛専門用語

 

意外と知らないことが多い脱毛専門用語

脱毛専門用語

どの世界でも専門用語というものが存在します。
わからないままから返事をしてしまうと大変なことも生じるものです。

 

用語の意味がわからないときは「○○ってどういう意味ですか」と聞けばいいのですが、空気によってはいつもそうできるとは限りません。

 

Vラインはパイパンにされますか?

 

パイパンの意味がわからず、はい、と空返事をするとどうなりますか?
Vラインの毛がすべてなくなってしまったなんてこともあるかもしれません。
(パイパン=Vラインの毛をすべて脱毛させること)

 

意味がわからないときに、聞けるときは聞いたほうがいいのですが、できれば事前に各専門用語を知っておいたほうがいいに違いありません。

 

また言葉の定義を十分に知らないためにトラブルが生じることもあります。
たとえば「永久脱毛」という用語。

 

一般に素人は「永久」脱毛ですから、一回受けたらもう2度とそこから毛は生えてこないと感じます。
字句通りで行くと「永久に生えてこない」ですから。
しかし脱毛界での永久脱毛の定義は違います。

 

永久脱毛とは、「普通の毛周期より長い期間、一定量の毛が生えてこないことを指す。」

 

つまりまた生えてくる可能性があるということなのです。

 

そもそも「永久脱毛」というネーミングに問題があるでしょう。
「長期脱毛」などのネーミングのほうが実態には沿っています。

 

「全身脱毛」という言葉もそうです。

 

決して「全身」の脱毛をしてはくれません。
しかしそう思わせるようなうたい文句をかざしているものです。
「全身脱毛とは文字通り全身にある主な無駄毛を脱毛してしまうことです。」などと書いています。

 

それで、このコースを申し込めば体のすべての脱毛をしてくれると思ったら大間違いです。

 

全身脱毛とは、体の大体脱毛が必要な20箇所前後をしてくれるという意味です。
いわゆるVIOのIとOの部分、顔の産毛、乳輪周りの毛などは全身脱毛には通常含まれていません。

 

後で脱毛漏れがあると感じても、店が悪いのではなく、その用語に対する理解不足が原因なのです。

 

美容界にはこのようにお客様の心をつかむために少々誇張した表現や単語も存在しますので、正しく定義を知って初めて期待に沿う処置を受けられるというものです。

 

ですから今回は脱毛界の「意外と知らないことが多い脱毛専門用語」に注目したいと思います。

 

5つに分けて考察しましょう。

 

1)いまさら聞くに聞けない基本的な脱毛専門用語
2)意外と知らない人も多い脱毛専門用語
3)ほとんどの人が知らない脱毛専門用語
4)脱毛方法を専門用語
5)脱毛専門用語の歴史

 

こうした点を再確認すると同時に、新しい単語にも精通していただき、同時脱毛に関する知識を増やしてほしいと思っています。

用語解説集など

どの世界でも専門用語というものが存在します。 わからないままから返事をしてしまうと大変なことも生じるものです。

Copyright 意外と知らないことが多い脱毛専門用語 All Rights Reserved.